バナー

FXを少額で始めたいなら最小取引単位が小さい業者を

FXは少ない資金からでも取引を開始する事が出来ますが、業者によっても最小取引通貨単位が異なっています。例えば、最小取引通貨単位が1万通貨である場合、円と米ドルの取引をする際に1ドル100円であったとすると、円を売ってドルを購入するのに1万ドルから取引できるという事になり、100万円の取引が最小となります。

FXの場合はその取引金額の100万円全てを用意する必要はなく、レバレッジが日本の場合は最大で25倍となっているのでこの場合は4万円の元手があれば取引をする事が出来ると考えられます。

それに対して、もしも最小取引通貨単位が1千通貨である場合だとその10分の一となるので、1千ドルの取引から開始出来て10万円、つまりレバレッジが25倍で4千円からの取引となります。



これはあくまでも一例なので選択する通貨ペアや為替相場によっても必要な資金は異なります。

また、最小限のお金でレバレッジ25倍で取引をするとなると、1円でも含み損が発生した時点で預けていた証拠金がなくなってしまってロスカットとなってしまうので実際の取引の際には現実的ではないです。

FX情報を網羅した総合サイトです。

ただ、あまり多くの資金が用意できないというのであれば最小取引通貨単位が少ない業者を選んだ方が良いという事は間違いなく、資金にあまり余裕がない場合は、FX取引業者を比較する際には最小取引通貨単位が小さくできる業者を選択しておいた方が取引に参加しやすいと言えます。